こだま、ひかり、のぞみ

冬月 やっとこさ
ライティングの調整がうまくいき
3Dっぽい外見になってきました

すごく今更な感じでは有りますけどもね……
ただこのライティング、侮ってはいけませんわ
これだけで見た目がガラリと変化しますわ
雪乃

蓮 おそらく今までブログに貼り付けていた
マップに違和感を感じていた人も思うけど
このライティングのせいだったんだよな

とうことで
今回はライティング中心のお話です
続きを読むからどうぞ~
鞠奈

冬月 これが
3Dを表示できた当初のものです
ライティングもクソもあったものじゃないですね

全体的に暗いのはともかく
立体感がわかりにくいのを
感じると思いますわ
雪乃

蓮 テクスチャに色や陰影があるのでそれっぽくも見えるけど
なんというか、リアルさがまったく無いよな
暗いっていうのもあるけど……

Nintendo64ももうちょっときれいな描画するよね
GA5とかGTA5とかの影やライティングはそれはもう複雑な処理の塊なんだよね
いつの日かはあそこまでできるようになるのかな
鞠奈

冬月 そしてこっちが
ライティングを適当(バグあり)にあてた感じです
形こそ変えてるけど、建物とか大きな造形は変えてません

前のものと比べますと
だいぶ立体感出てきましたわね、輪郭が出てきたっていうのでしょうか?
違和感はまだ拭えませんが……
雪乃

蓮 手前のキャラクター(となる)オブジェクトなんて
のっぺりどころか輪郭すら危うい感じになってるな
酷いバグだ

マップの影の当たり方も変で
一律奥に行くほど暗くなってるしね
太陽に雲が隠れた時とかこうなるよね。
鞠奈

冬月 そして満を持してライテクングの調整をしたのがこちらです
左奥から右手前にかけてライトを当てています
前とクラbると開く段位良くなったように見えます

一番わかり易いのが
キャラクターのライテクングですわね
ようやく形がはっきりするようになりましたわ
雪乃

蓮 Nintendo64やPlayStationぐらいの表現力にはなったみたいだね
奥行きがわかりやすくなっているよね
奥の山の形も分かりやすい

でも、セルフシャドウがないので
違和感は拭えないよね……
セルフシャドウが今後の課題かなぁ
鞠奈

冬月 ゲームを作る上でライティングって重要ってお話でした
これ、3Dだけじゃなくて2Dやドット絵にも当てはまるんだよね
なにか物足りないと感じている方、ライティングをこだわってみるのもひとつの手かもしれません

ゲーム製作の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください