マッピング

冬月 次回作移行の背景(マップ)を
3Dによって表現することに決めたので
日々3Dについて黙々と実装しているわけであります

でも、3Dとは言っても
メタルギアソリッド4やGTA5のようなハイクオリティなものを
目指すつもりはないそうね
雪乃

あのようなものを個人で開発できるようなスキルも無いしな……
技術的にはPSやDS,Nintendo64ぐらいのものが中心になると思うよ

蓮

上のキャプチャ画像は実際にゲームプログラムに
自作のモデルデータを入れてみたところです
表示されてるっぽいね。ってことで、続きを読むからどうぞ
鞠奈

冬月 こんなかんじで
Metasequoiaでモデルを作っていきます
書き出しフォーマットは慣れているXです。(どのファイルフォーマットもよめるのですが)

このモデルにはられているテクスチャは
RPGとかで使われているマップチップだったりしますわ
マップチップとはいえ、見栄え的には悪く無いと思いますわ
雪乃

蓮 もう一つバリエーションとして
街バージョンのモデルも作っていたぞ
テクスチャがドット絵のためボケてしまうな

2つ作ったのは
同時表示のテストを兼ねていたりしてるよ
です
鞠奈

冬月 複雑な形状のモデルも問題なく表示できることがわかりました
Metasequoiaで表示した時と印象が違うのはなんででしょうね

そして、同時表示も大丈夫なようですわ
まだまだこれは序盤ですので、躓かずに動いて一段落した感じですわ
次はアニメーションですわね
雪乃

ゲーム製作の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください