ユウキとユーリーの物語(前編のみ……勝手に使ってすみません。。。


ピーマンです。

ちょっと過去のことですが
ドリパで買った品物をユーリーさんに贈るための箱でした。

詳しくは全開の日記を確認して欲しいのですが
グラタン皿を保護するために
大量な新聞紙でクッションを作ります。

とじてこんな感じです。
続きはユーリーさんのブログを参照してくださいー
ブログ名:AXL信者のブログ URL:http://blog.livedoor.jp/shuji_kisaragi/

さて
今回はゲーム制作の話になります。
続きは「続きを読む」からどうぞー


毎回毎回文字ばかりだとつまらないと思うので
今回は今まで出来てる流れの説明をしたいと思います。

まずは、
ロード画面です。
このあたりでは、タイトルの処理のロードを行ってます。

右下に棒が放射状に出てるのが見えると思いますが、コレがロードしているときの表示になります。
これは家庭用ゲーム機の掟なのですが、ゲーム画面上では必ずアニメーション、画面を変化させないといけません。
もし、静止画のみですと故障で止まってるのかロード止まっているのか分からないためです。

ロードが終わるとロゴ表示になります。
ここではAXLさんのロゴを使ってます。その次に自分のサークルのロゴを表示させてます。
ただ、実際にAXLさんのロゴ表示させるには承諾が必要ですので、完成させたら、そのあたりの連絡をしたいと考えています。

この画面変換のフェードは、冬月先生の自慢で
全くとは言えませんが、見た目の範囲から言えばAXLさんのエフェクトをかなり忠実に再現してます。
……まあ、こう言うのは初めて作った人がすごいのであって、真似るのは簡単なんですよねぇ。

タイトル画面です。
PUSS STARTの文字が点滅するようになっているのですが、消えたところにキャプチャしてしまい、見難くなってしまいました。
画像上の絵は恋楯で実際に使われているタイトル画像です。ここも変更する必要があります。

スタートボタン(パッドで言うと1ボタン)を押すと、メニューが表示されます。
前にあまり説明しませんでしたが、このゲームはジョイパッドによる操作が基本です。
一応、キーボードの操作は可能ですが、操作性はあまりよくないです。

これが、ロード画面。
ロードとセーブはほとんど同じ画面ね。真ん中辺りの黒い四角は、セーブ時のキャプチャを表示させます。

ロード後、本編の3D画面になります。
起動時のロードでは3D関係のものは一切ロードしません。そうしないと、メモリ不足になりますし、ロードで5秒以上かかってしまいますから
ゲーム制作では、このようなゲーム性に関わらないことも拘る必要があります。

このブログでよく表示する画面です。
いろいろゲームに必要ない文字や、表示がされてますが、デバック用の表示になります。
左上のウインドウは、現在の目標を表示させる予定になっています。

NPCもちゃんといますよー
指定の場所に立ち止まったり、ランダムで移動、など色んなことが出来るようになってます。
ランダムで移動させてると、シム・ピープルみたいな面白さがあります

選択肢です。
基本的にこう行った選択肢は、イベント時(ノベルモード)のみになってます。
未だに自動改行を入れてませんので、文字がウインドウからはみ出てます。

ただ、この文字表示も表示できる文字数が多いんですよね。。。
ゲームメーカーではこのような文字表示は3行で、150文字以内までと決められています。
これは、人(日本人)が一度に理解できるのがそのくらいだと言われてるからです。

試しにさっきの画像の文字を理解しようとすると
2,3秒かかってしまうのではないのかな、と思います。
頭の中で読む必要があるのです。

ゲームを作るにはいろいろなことを考えて作らないといけないのですね。
冬月先生も、まだまだ勉強中の身だそうですよ。

まだまだ、やることはありますね。
まずはひと通り(シナリオなしで)遊べる程度まで作らないといけないと思います

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関すること冬月に聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。冬月に直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。(メール送信されます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※メールアドレスは公開されることは有りません。

ゲーム製作の関連記事