ダンジョンを作るの回

おひさしぶりです
以前Unityのダンジョンエディターを紹介しました
今回はその使い方を紹介したいと思います
外国製のツールだし
出始めってことも有り
参考資料もないしね
見よう見まねな感じなので
使い方間違ってたらすまないな
英語出来ないとこういう所辛いな
ともかく
今回は勉強回です
ということで、本編は続きを読むからどうぞ

まず、アセットの登録からですね
他のツールと同じように「Assels→Import Package」で購入、ダウンロードした
DungeonArchitectを登録してください
登録すると、
DungeonArchitectとDungeonArchitect_Samplesの2つのフォルダーが
Assetsに追加されるわ
冬月の環境だけなのかもしれないけど
サンプルが動かないから注意してね
なんか素材が足りないみたい

DungeonArchitectから
DungeonGridっていう物があるので、それをHierarchyに登録します
DungeonArchitect→Prefabsに有ります
これが、DungeonArchitectの基本となります
ここをいじることに寄ってダンジョンを作り上げていきます
Inspectorにたくさんの設定項目が出てくると思います

主に使う項目は
Build Dungeon、Destroy Dungeon、seed、Elements
の3つかしら、他にも使うんだけど最低限はこの3つかな
Build Dungeonは
ランダムでダンジョンを生成します
前に作ったダンジョンはそのまま残ってしまうので、その点は注意してな
Destroy Dungeonは
作ったダンジョンを削除します
作ったダンジョンはHierarchyに登録されてるので、それが消えます
seedは
ランダムで生成するために必要な数値になります
0にするとランダム生成されなくなります


Elementsはダンジョンの素材を登録して置くものなの
上の図のように地面、壁、フェンスを登録すると
マップエディタする際にこれらが自動で配置されるわ
サンプルから使ったほうが楽なので
DungeonArchitect_Samples→Demo_Theme_Candy→Themes
にあるので、そこから拝借しような

コレで下準備が終わりましたので
DungeonGridの子レイヤーにあるPaintModeを選択してください
するとSceneに赤い四角が表示されてマップチップが配置できるようになります

とりあえず、1面作ってみました
マウスホイールで階層を変更できます
今回はフェンスも壁に設定しているので、こういう感じに渓谷みたいな感じになります

PlatformVolumeっていうのが部屋になるわ
イメージ的には壁で囲まれた空間ね
で、このエディターの特徴が一つあって
部屋同士を繋いだ設計にしてくれるんだ
部屋同士行けない場所が生まれるとエディタ側が勝手に通れるように道を作るんだ
親切機能だな
でも、全部自分で作りたいって言う人にとっては
ありがた迷惑かもしれませんね……
あと、フェンスも必ず付いてしまうので、必要ないところだけ消すていうのが出来ないのもちょっと難点でしょうか
ざっと使い方をまとめてみました
説明がないとちょっと手をつけにくいけど、一度わかるとどんどん作っていけるんじゃないかなと思います
あとは想像力を膨らませて作っていくだけですね!

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関すること冬月に聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。冬月に直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。(メール送信されます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※メールアドレスは公開されることは有りません。

ゲーム製作の関連記事