流れてく時の流れでも。


やっと
カスタムメイド3Dをクリアしました。
一定のステータスを稼がないとクリアできないらしいですが無事に告白されました

シナリオ性は殆ど無いゲームですので
やろうとおもえば1日でクリア可能ですよ
本当にゆっくりやりましたわよね

でねちっこくやったので
ステータスが大変なことにw
やればわかるのですが、回復してはやってを繰り返すと最大限にできるんですよねぇ

でも、
今回のブログのネタはこれとは違うよ

二夜連続の
ゲーム制作についてですよ
あまりこったことはしてないのですが「続きを読む」からどうぞ



えー【夢みる乙女と道化の楯】を製作して半年になろうとしてるのですが
今までキャラとMAPのスケールの比率を間違えてたらしく
上の画像のようにキャラがとんでもなくでかくなるという現象が起こってましたの

いままでまともに見えていたのは、計算でも何でもなく
偶然だったらしいな。
キャラをいじって動かしてみたらこのザマだ

妙子様と有希はいつも使ってるのでなんとかサイズが収まっていたんだけど
このように前の更新してない私達を表示してみたらこんなに巨大に……
ちなみに、昨日見せた動画の続きはのようにゲーム内で再現しようとしてるの

わざわざゲーム内で再現しようとしてるのは、このムービーの動きを作ることが出来れば、
ゲーム内のシナリオのイベントにも対応できるようになると考えたのは【建前で】
単純に、今使っているアニメーションのソフトが複数のオブジェクトを動かすことに対応してないという、単純な理由からです。

まあ、実を言えばイベント部分もできているのですが
どうしても動きが少ないように思えてしまって、多少無茶でもして技術力を引き上げようと考えたようですわ
ガンダムで言う「コスト計算を無視して高性能なガンダムを作って今後の戦略に活かそう」というわけね

ただし、MAPとキャラクターのサイズの比率を合わせることも必要なので
日曜日をすべて使って、まだ未作成だった「りお」、「若菜」を追加しつつ比率を合わせるという
土台を固めることをしていました。

3Dのキャラクターを作るにあたって3つのソフトを行き来しなくてはいけないので取り回しが物凄く悪く、
ブログ更新がこんな時間(AM1:30)になってしまったよ
本当はモデリング、モーション、着色のすべてを同じソフトで出来ればいいのですが、どうなると10万近くするプロ用のソフトが必要になるんだよねぇ~

さて、これから本番です。
今できることは、キャラのアニメーション、表情、口の形、移動の4つです
それを使い分けて何とかしてムービー風にして行かないといけないのですね。。。うわぁ、めんどくせぇ。

まあ、自分が勝手に作るって決めたんですけどね。。。

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関すること冬月に聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。冬月に直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。(メール送信されます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※メールアドレスは公開されることは有りません。

ゲーム製作の関連記事