ひさびさにローゼンポケモン

冬月
え~と
ガスト2次審査通過しました(汗)

冬華
確か、作品(履歴書)送ったのって
3ヶ月ほど前だよね?

冬月
うん、てっきり落ちたとおもってた。
先生からもレベル高いっていわれてたし(汗)

冬華
どうするんですか?
冗談じゃなくなってきましたよ。

冬月
うん、エゴもあるしねぇ
なんか3ヶ月前とは逆のことで悩んでる、、、

冬華
しかし、この就職難に
有名(だと思う)会社から2個もくるなんて。。。

冬月
あ、ちなみに、
ガストってレストランのほうじゃないですよ(汗)

株式会社 ガスト ホームページ

冬華
エリーの錬金術師とか、アルトネリコとか
アトリエシリーズを作っている会社です。

冬月
まあ、あの就職作品じゃあねぇ。。。
どうぶつの森とアトリエを足したようなゲームですから。。。

冬華
プログラムもぐちゃぐちゃで
勉強した人が書いたようには見えない感じですし

冬月
しかも、
(初音)ミクでてるし。

冬華
意気込んでボイスをいただきましたが
ゲームプログラムあまり関係ないですし。。。

冬月
とりあえず、
8月6日に面接があるので行ってきます。

冬華
うん。
落とされにイテラ

冬月
ふう、やっと本来の日記に戻ります
何で前置きが長くなるんだろ

冬華

各自書いてないからですよ。

冬月
OK理解した。
で、今日のお題はなぜかポケモンです。

冬華
たしか、ローゼンポケモンって
黒歴史の一つですよね?

冬月
うん。
1年間ほど行進止めてます。

冬華
じゃあなんで?

冬月
いやぁ、日ごろの多忙の逃避行として
ローゼンポケモンZweiを作り直しています。

冬華
いまでも
Youtubeからメールが来るんですよね

冬月
うん、ほぼ英語だからなに言っているかわかんないけど
見てくれてるので、どうせなら完全版を出そうかな、って。

冬華
ほう、
どこまですすんでいるのですか?

冬月
えとね、ここじゃ語りにくいので
普通の日記にして紹介します

ここはある世界。

突如、世界各地のドールが動き出し各地を徘徊するようになった。

ドールたちは互いの人工精霊を奪い合いう戦争をしていて日々戦っているのだ。

ドールたちの目標は「完全な存在になること」で、すべての人工精霊を手にしたものだけがなることができるらしい。

そして、ドールたちは人間の力を借りてより自分を強くなる方法を考えた。

それは、人間の精力を使う変わりに、もしそのドールが「完全な存在になったとき」には、その人間が不老不死になることができるというものだ。

そして、各地でドールを使った戦いや研究が繰り広げられることになった。

主人公は、ドールが生まれた原因をつきとめるため、この戦争「アリスゲーム」に参加したのだった。

冬月
こんなかんじかな?
だいぶ世界観変えてみたけど。。。

冬華
どこか
ローゼンよりになったね

冬月

実はもう出せる段階にあるので、次の更新を楽しみに~

ゲーム製作の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください