新たな武器を手に入れたぞ!

冬月 おひさしぶりのゲーム開発の回です
今回面白いものを見つけました

今回
プログラム面が強い話になってます
わからない人はごめんなさい
冬華

ということで
早速本編に入ります
「続きを読む」からどうぞー
設子


冬月 先週の月曜、Unityでモバイル&PCゲームの開発をしていたのですが
どーも自分の作業に馴染めず
他の技術はないのかなぁーと探していた時でした

Wizapply Framework

Wizapplyという、PC、モバイル両プラットフォームの開発環境になります
PC(Win/Mac)とAndroid、(iPhone?)が開発出来るよ
Unityに似てる点はそこだね
冬華

冬月先生が、このフレームワークに注目したのは
C++言語で開発できるから
というのが一番ですね。
設子

冬月 なんでだろうね、C++オンリーの開発なのでマウスなどでオブジェクトで配置とか出来ませんが
UI(ユーザーインターフェイス)とは程遠い、プログラムメインの環境のほうが
作りやすいんですよね……

マゾってわけじゃないよ
C言語系は一番長いことやってきたこともあり
一番自信のつく言語だったりします
冬華

一方、UnityはC#もしくはJavascriptで書きます。
言語自体も苦手なですが、冬月先生の苦手な点は別にあります
下にまとめてみました。
設子

■Unity

・長所
 開発環境の構築が簡単
 あらゆるプラットフォームで開発可能(PC、Android、iPhone、PS3、XBOX etc)
 グラフィカルに開発可能(マウスでオブジェクトを配置して操作できる)
 フォーラムが活性化していて、リソース(素材)が豊富

・短所
 有料(PCの開発のみ無料、Android、iPhoneごとのプラットフォーム、3万6千円ほど必要)
 Flashのようにグラフィカルで完結しない(必ずScriptを書かなくてはいけない)
 DirextXで培った技術があまり使えない
 Scriptがオブジェクトごとの指定のため、大規模なゲームを作るのには向いてない

■Wizapply Framework

・長所
 開発言語がC++言語固定
 無料で開発可能(Androidを作成するのも無料)
 プログラムが分かる人には作りやすい開発環境
 ネットワークの利用が可能

・短所
 開発環境の構築が複雑(統合開発環境、Visual Studioなど、Android SDK、Java SDK)
 すべてコード(プログラム)で書く必要がある
 情報が少ないので、すべて自分で調べる必要がある

■Flash

・長所
 開発環境の構築が簡単
 あらゆるプラットフォームで開発可能(Flash Playerが入っているものすべてが再生可能対象)
 ユーザーインターフェイスで開発可能
・短所
 最新のAndroid(4.0以降)iPhoneは対応していない(AIRを使えば別)
 開発環境のインターフェイスが独特なのでプログラマー向けではない。
 開発ツールのバグが酷い(長時間動かしてるとフリーズすることがしばしば)
 ActionScriptのバージョンごとの仕様の差が大きい(ActionScript1.0とActionScript3.0では別言語に近い)
 仕事で使ってるから、同人では絶対に使いたくない

冬月 自分の主観で書くとこんな感じ
マルチプラットフォームでFlashも入れてありますが
絶対に使いたくないです。仕事じゃやな思いでしか無いので……

Unityも皆さん使ってて開発しやすいことはしやすいのですが
シーンごとの処理が作りにくく、ソース間のデータ(変数)の共有ができないので
どうも大規模なゲームを作るのには向いてない気がしてます。(ミニゲームとかシーンの変わらないゲームとかなら作りやすいです)
冬華

結果Unityでは1つのソースコードにすべての処理を書くということになってしまい
非常に見難いコードになってしまうので、どうも納得いきませんでした
1つ完成させたらそれをベースに使いまわすことも考えていたので、コードの見やすさはかなり重要です
設子

冬月 で、今回プログラムメインの開発環境になりますが、
自分にあった開発環境を見つけたということです。
次回更新までには、Unityで作ったところをまるっと移植できると思います。

ゲーム製作の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください