フォント大変。

クロ 冬月先生の趣向というか趣味というか
どんなゲームにも会話パートを入れたくなってしまうのです
そういうゲームが作りたくてゲーム業界にやってきたのも有りますけどね
ということで、今使っているUnityでも
画像のように会話パートを作ってるんだけど
文字表示って意外と大変なのよね
霊夢
魔理沙 Unityはフォントを使った文字表示が
可能なので幾分簡単なんだけどな
ただ、使用可能なフォントって意外と探しづらいんだよな
ってことで
文字表示周りの事をメモ程度に書いていこうと思います
続きは「続きを読む」からどうぞ
妖夢

クロ 上の画像は
原稿の修正完了後のものになります
小文字部分が正しく下寄りに表示できていると思います

フォントに寄ってはこんな感じに
小文字が上よりになってしまったりするので
めんどくさいのよね……
霊夢
魔理沙 あと、フォントってほとんどが2次配布や2次使用を制限していることが多くて
Unityに内蔵できるものとなると、本当に限られてしまうんだよな
モリサワフォントとか個人で買っている人は限られてるし……

Google Noto Fonts

GoogleさんとAdobeさんが作ったフリーなフォントです
Google Noto Fontsです
NotoっていうのはNo tohu(豆腐)っていう意味です
妖夢

クロ 外国の方々が豆腐を知っているのは上のおかげだと思います
フォントに文字がないと□と表示されますが
それを豆腐と表現してるのですね
No tohuってことなので
文字登録数はプリーの中では随一だと思うわ
特殊漢字の多い東方にはピッタリじゃないかしらね
霊夢

魔理沙 そして、Unityへのフォントの登録方法だが
まずAssetsの適当な場所に使いたいフォントをドラッグ&ドロップ
これで使う準備ができました

で、適応したテキストエリアの
InsprctorのCharacterのFontを変更するだけです
ね。簡単でしょ?
妖夢
クロ こんな簡単なことなんですが
参考書には書かれてないんですよね……
ってことで、メモとしてこのブログに書いたわけです
次回はどうしましょうかしら
ゲームのシステムチックな物を書くつもりなんだけど
ネタが思いつかないわね……
霊夢

ゲーム製作の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください