【日記】IgA腎臓闘病譚 その06

こちらの記事は冬月の個人的な病気、IgA腎症についての日記になります。

中学生の時に発病し、31歳になった今、また再発してしまいました。
この珍しい病気を知ってもらおうと思い、日記にします。

今までのテイストと違って1人称の日記形式にしてあります。

それでもよければ続きを読むからどうぞ。

今日から腎生検の入院が始まる
いつの間にか余裕がなくて10時ギリギリにたどり着いてしまった
入院期間は1週間ではなく8日間だった、ちょっと長いなぁ

手続きはあっさり終わってすぐに病室に通された

腎生検はいいんだけど、尿管つなぐの嫌だな……
13歳のときに一度やったのにあんまり覚えてないな
絶対安静で動けないのが苦痛だった記憶
トイレも尿瓶とおまるでベッドから動けなかったし……

ご飯は減塩減タンパクだったけどしっかり味がしてた気がした
高齢用にご飯は柔らかめだった

一番の問題は同じ病室のじっさんかな
うるさいし、気分屋だし口が悪いからあんまり話し声も聞きたくないな~

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関すること冬月に聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。
冬月に直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。(メール送信されます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
※メールアドレスは公開されることは有りません。

ゲーム製作 | 日記の関連記事