Blendaで帽子を作ってUnityに反映させてみました。

    重い腰を上げて
サークルマスコットキャラのクロをVRoid Stusioで作成して
みたのですが、やっぱり帽子がないとそれっぽい感じにならないのですよね……

オリジナルキャラだから
同じような帽子モデルなんか無いしね
コレッばかりは作りしか無いわね
帽子はともかく、
服装もオリジナルだからな……
まだまだ完成までは遠そうだな……
ということで、
重い腰を上げて帽子をモデリングしてみました
モデリングしたの3年ぶりぐらいですかね……

    冬月は
モデリングは素人レベルなので期待しないでくださいね
10年前の専門学校でMetasequoiaをいじった程度です

トップページ


Metasequoia4公式ページ

かつて無料モデリングーるで
Metasequoia派とBlender派があったわね
モデラにメーションが出来たり、出力形式の多さでBlender派が多くなっていったわね
久しぶりにMetasequoiaの公式サイトみたけど
Metasequoiaでもボーンアニメーションできるようになったんだね
前はアニメーション用に別のソフトを使ってたなあ……
今回はたくさんの情報があるBlender先生を使っていきます
未だに使い方がよくわかってません……
Metasequoiaと操作方法が全く違うんだもの……

Frontpage


Blender公式ページ

    モデリング初めて5時間後ぐらいでこんな感じです
本人的には満足してたんですけど、帽子のつばの形が違うのでまた作り直しへ……

モデリング初めて1日経過したぐらいです
なかなかいい感じにモデリング出来たとおもうわ
このあたりからテクスチャを使うようになったわ

この状態でUnityで動くかどうか試してみたんだけど
FBXで書き出せばとくにUnityで何もせずに動くみたいだな

Unityには
AssetsフォルダにFBXファイルを入れるだけで勝手にPrefabデータとして生成されます

    帽子などの頭部パーツは
UniVRMで出来たPrefabのJ_Bip_C_Head以下に配置すると
アニメーション時に頭について動いてくれます

テクスチャを調整したのがコチラね
テクスチャのUV割当画像の書き出しとか
設定方法紹介したいけど、冬月が操作方法を覚えていないのでまた次回で解説するわ
ゲームでも使えそうなぐらいな動作だな
VRoid StudioとBlenderでキャラを作るのはありだと思うぞ
コレでゲーム制作要素での不足要素の一つが補えそうだ
ゲーム制作が一段と楽になってきましたが
衣装をどうするかですね……
モデリングするにはまだ腕が足りないです
参考にしたWebサイト様

・blenderメモ
http://blender-yamato.blogspot.com/2011/10/blog-post_8976.html

・senmyou’s blog アプリ開発ブログhttps://senmyou.xyz/blender%E3%83%9E%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E8%A8%AD%E5%AE%9A/

・dskjal Blender で表示のおかしい頂点・面を直す
https://dskjal.com/blender/fix-shading.html

・かんたんBlender講座
http://krlab.info.kochi-tech.ac.jp/kurihara/lecture/cg/BlenderWeb_Hayashi/html/materialAndTexture.html

・Vroid製モデルにunityでアクセサリーを付ける 蜷川加乃
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/44458/post/510205

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関すること冬月に聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。冬月に直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。(メール送信されます)

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※メールアドレスは公開されることは有りません。

PC | Unity | ゲーム製作の関連記事